ジュエリーのリフォーム・修理専門店/婚約指輪(ダイヤモンド)/指輪(リング)/ペンダント/ネックレス/作り変え/手作り/セミオーダー/福岡 

    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jewelryreform.blog111.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

シーン別コーディネートのルールとマナー

   ↑  2009/01/03 (土)  カテゴリー: コーディネートについて

パーティー(フォーマルシーン)

正式な場では品格を
  結婚式や披露宴、記念式典などでのよそおいは、服もジュエリーも格式の高いものでコーディネートするのがマナーです。粒や色のそろっているもので、ネックレスとイヤリング、ブローチ、またはリングとブレスレットを同一素材でそろえておくと、統一感が出て品のあるスタイルが完成します。また宝石だけでなく、リングの台やネックレス、ブレスレットのチェーンに使われる貴金属も同一素材にそろえることはいうまでもありません。

  夜のパーティーには、昼間よりもより華やかな装いや、肌を露出したスタイルも可能です。ライトの下で光り輝くようなジュエリーをとりいれてみるのもおしゃれです。キャッツアイ、アレキサンドライトなどは夜のフォーマルシーンにふさわしいジュエリーといえます。装飾性の高いドレスの場合、ジュエリーもデコラティブすぎると、単に派手になるだけなので注意が必要です。ジュエリーをシンプルにしたほうが、よりドレスが引き立つ場合もあります。


普段使い(オン・オフ)

平日
  職種によりますが、シンプルでさりげないジュエリーが適しています。ドロップ型のイヤリングは、電話使用時にはうっとうしいので小小振りのボタン型のものが適しています。スーツなら、チョーカータイプのネックレスが最適です。リングは爪のないフクリン留めや、石をカボションカットにするなど、引っかからないデザインがよいです。ただどのアイテムもあまりにもシンプルなものばかりでは楽しくないので、リングやネックレスを重ねづけしたり、一点だけ個性的なデザインにしたりと、さりげないけれど、気遣いと品を感じさせるコーディネートを心がけましょう。

休日
  ショッピングなどカジュアルな場面では、好みの石を使った個性的でボリューム感のある、気分ををもりあげてくれるジュエリーを身につけてみたり、また家族などとゆったり過ごす、スポーツなど楽しむ場合は小振りでシンプルなジュエリーをつけてみたり、休みの日こそジュエリーの持つ、人の心を癒したり、やる気を起こしたり、といった不思議な力に心も体もゆだねてみるのもよいでしょう。


お葬式

  基本的には、アクセサリー類は一切身に着けない、飾りたてないマナーを心がけてください。ただ日本ではパールを使う習慣も根付いています。色として好ましいのは、黒、ナチュラルグレー、白です。ただし、これらの色であっても、金具が金色で目立つ場合は好ましくありません。淡水パールで白系のものがありますが、キラキラと輝くタイプのものが多く、目立つので避けてください。形としては、パールのチョーカータイプの一連ネックレスが最適です。粒の大きさは、6~8㎜くらいで小さめのものが適しています。二連、三連ものは「凶事が重なる」として忌み嫌われますので、絶対に避けましょう。リングをするなら、シンプルでつつましい結婚指輪のみにするのが原則です。イヤリング、ブレスレットやブローチ類は避けること。ネックレスとイヤリング、またはネックレスとリングぐらいにするのが礼儀です。

  着物にはジュエリーは一切不要です。お葬式で和装をする場合、正式な黒紋付の喪服を着るのは、親族や故人と親しい関係のあった人に限ります。それ以外の人は着物を着るなら、略式の色無地にするのがマナーです。もともと和服にネックレスやブレスレットなどのジュエリーは不似合いです。ことに喪服に関しては、ジュエリーやアクセサリーは一切身に着けてはいけません。髪飾りにさんごのかんざしも好ましくありません。また腕時計も地味なものであってもできればはずした方がよいでしょう。


他のコーディネート法について

  ジュエリーをつける個所、個数にきまりはありませんがTPOと服装のバランスをみて、まずどれを主役にするかを決めましょう。ネックレスが主役なら、同じ顔周りにつけるイヤリングはやめる、リングが主役ならプレスレットはやめる、など全身を鏡に映してバランスを確認してコーディネートを考えましょう。

  入学式、卒業式のジュエリーはこどもが、主役の式典ですから、着飾り過ぎず、上品でシンプルなコーディネートを心がけましょう。スーツに似合う淡いアクアマリンやモルガナイトなどの主張の強くないシンプルなリングをお勧めします。襟元にパールの飾りのついたブローチをつけるのもよいでしょう。また着物の場合はジュエリーは不要でしょう。


ネイルの組み合わせ方について

  ジュエリーを引き立てるネイルカラーは、やはりナチュラルな色味が適しています。ピンクやベージュは清潔感と温かみのある自然な色味でお勧めです。ジュエリーに合わせて、部分的にラメを重ねれば、華やかな感じになります。また、一本の指の爪にだけ、ラインストーンでアクセントをつけてもおしゃれです。装いは、全体のバランス(ネイル、ジュエリー、リング、服)のトータルで考えましょう。


指輪 リフォーム ロレックス 修理 婚約指輪(エンゲージリング)

FC2スレッドテーマ : 宝石のリフォーム (ジャンル : ファッション・ブランド

(記事編集) http://jewelryreform.blog111.fc2.com/blog-entry-241.html

2009/01/03 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。